ご来場ありがとうございました。
開始日 天候 来場登録数(同時開催11展合計)
2018年2月14日(水) 12,921
2018年2月15日(木) 14,504
2018年2月16日(金) 17,012
3日間合計 44,437

PICK UP!


~ストラタシスが提示する3Dプリンティングの新しい世界~
ブース番号:6J-14
3Dプリンティングとアディティブマニュファクチュアリング・ソリューションのリーディングカンパニーであり、世界 No.1 のシェアを誇るストラタシス・ジャパンが、4 年連続して本展へ参加する。創業以来一貫して業界を牽引するムーブメントを生み出し続けてきた同社が手掛ける事業、そして3Dプリンティングの未来とはいかなるものなのか。本稿では、ストラタシスの3Dプリンティングソリューションによって実現する、誰もが想像もしえなかった実現する新たな3Dプリンティングの世界を紹介したい。>>詳細はこちら

ものづくりのあらゆるシーンに3Dプリンティングソリューションを提供するオンリーワン企業
ブース番号:6J-14
ストラタシス・ジャパンは、3Dソリューションカンパニーとしてリブランドへ舵を切った際、3D Printing 2016おいてその全貌を披露した。3Dプリンタ、材料やソフトウェアの提供から、造形サービスやコミュニティ形成に至るまで、3Dプリンタを核とした幅広いサービスを手掛けるのが今のストラタシス・ジャパンだ。造形サービス事業では、他社製品も活用しユーザーの要望に柔軟に応えられる体制を構築しており、マーケットのニーズを反映させた材料開発も自ら行っている。また今回、ソフトウェアにおいて国内初披露のサービスの披露を予定しており、別記事にて詳細に触れたい。>>詳細はこちら

世界中の3Dプリンターを揃えてユーザーの価値創造を支えるリコー
~新たに欧米の強力2機種を国内ユーザー向けに発売~
ブース番号:6B-14
リコージャパン株式会社は、4年前から3Dプリンターの販売を行っており、自社プリンターだけでなく企業の枠を超えた豊富な機種をラインアップし、国内ユーザーのものづくりに対して最適な3Dプリンティング技術によるソリューションを提供してきた。昨年秋から、新たに米国とドイツの2メーカ5機種をラインアップに加えた。一つは、ヒューレットパッカード(HP)社が初めて満を持して開発したHP Jet Fusion 3D 4200/3200プリンティングソリリューションであり、1月29日から販売を開始する。もう一つは、ドイツのEnvisionTEC社のVector 3SP、ULTRA 3SPおよびPerfactory 4であり、海外では既に高い実績を誇る機種であるが、日本にはまだあまり入っていない。リコージャパンは、これを機に初めて3D Printing 2018に出展し、同社の3Dプリンティングにおける活動を紹介する。以下にその目玉となる新規の5機種を中心に展示概要を紹介する。>>詳細はこちら

安価でより手軽な金属3Dプリンタシステム
~米国Desktop Metal社の「Studioシステム」の国内販売を開始~
ブース番号:6S-17
アルテック株式会社は、1976年に創業した印刷・包装機械を輸入販売する産業機械の専門商社である。3Dプリンタの国内販売は2007年から開始し、3D Printing展にも2016年から毎年出展している。今回の3D Printing 2018は、今、世界中で注目されている米国Desktop Metal社の「Studioシステム」の、国内における初めての本格的なお披露目の機会となる。以下に「Studioシステム」の技術と特徴、Desktop Metal社、そしてアルテックの事業について紹介する。>>詳細はこちら

PR

  • kabuku
  • stratasys
  • tokuyoshi-polish

Media Partners

  • tct GROUP
  • 3D Printing Magazine
  • METAL AM